映像制作(撮影・編集・3DCG制作)ならテナシティー(大阪、関西、東京)

news お知らせ

テレビCM・CF制作について

ブログ 【2021.06.09】

テレビCMの制作からテレビ局の放映枠までお任せください。
地上波の他、ケーブルテレビの通販番組用の映像制作など、目的に合わせたCM用の動画を作成します。

テレビCM・CF制作テレビCM・CF制作テレビCM・CF制作テレビCM・CF制作

活用事例

  • テレビCM・CF
  • WEBサイト・SNS・WEB広告での配信…等

テレビCM・CF制作のメリット

短期間で幅広い層にアピールできる

インターネットの視聴率が増加している昨今でも、テレビの平均視聴時間は1日約150分前後と依然高い視聴率を保持しています。
CMで一気にブランドを認知させインターネットに誘導するなど、商品や企業を知ってもらう入り口として、テレビCMは効果的なメディアです。

短期間で幅広い層にアピールできる

ブランドの信頼性を高める

テレビCMを放映するには企業考査・業態考査といった一定の基準をクリアしなければ放映できません。
また「CMは費用が高い=大企業が出すもの」というイメージを持つ方も少なくありません。
誰でも出稿できるネット広告と比べて手軽さに欠けるものの、テレビCMは「きちんとした企業・商品である」というブランドの信頼度や安心感に貢献できます。

ブランドの信頼性を高める

繰り返しテレビCMを流す事で記憶に残りやすい

CMには、指定の時間帯で放送される「スポットCM」と特定の番組内で放送される「タイムCM」があります。
ユーザーの視聴習慣によってCMを繰り返し目にする機会が増えるので、新商品やキャンペーンなど覚えてもらいやすいという特徴があります。

繰り返しテレビCMを流す事で記憶に残りやすい

テレビCM・CF制作でのよくある質問

ナレーターやモデルは使えますか?

モデル写真やボイスサンプルなどをご確認いただき、イメージに合ったキャスティングを行います。

企画・構成からお願いできますか?

はい、対応可能です。
弊社プロデューサーがヒアリングを行い、お客様の目的・希望に合ったご提案をさせて頂きます。

動画制作の流れを教えて下さい。

基本的に
(1)ヒアリング・打ち合わせ
(2)企画・台本作成
(3)キャスティング・ロケーション確認等
(4)撮影
(5)編集・CG作成
(6)ナレーション収録
(7)納品
という流れになります。
詳しくはこちらをご覧ください。
[→動画制作の流れはこちら]

見積もり・費用を教えて下さい。

映像制作の費用は大きく分けると、撮影の日数・スタッフ数、映像の編集内容、CG等の特殊効果の作成、ナレーション・モデルの有無などによって変わってきます。
また制作費とは別にCMの放映料金が発生し、放映料は放映局や視聴率などによって異なります。
ご予算や規模に合わせたCM制作をご提案させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

社内等の撮影が難しいのですが、素材だけで制作は可能ですか?

はい、対応可能です。
お持ちの写真や動画素材を組み合わせるだけでなく、エフェクト加工やイラストの作成、3DCGの作成など、お客様のご要望に応じて対応させて頂きます。

納品までどのくらいの期間が必要ですか?

制作する内容や撮影スケジュールによって変動しますが、おおよそ1~3ヶ月程度のお時間をいただきます。
また静止画や動画素材を利用した映像制作であれば短期間での制作も可能です。
放映したい時期が決まっている等、ご希望がある場合はお気軽にご相談下さい。

関連記事

会社紹介動画・会社プロモーション動画制作について
ブログ 2021.06.19

会社紹介動画・会社プロモーション動画制作について

会社紹介動画・会社プロモーション動画は、新規顧客の開拓や企業のブランディング、採用、投資家向けなど、様々なシーンで活用できる動画です。インタビューや社内風景・沿革などの紹介をするだけでなく、テレビ番組のようなドキュメンタリータッチな演出やドラマ仕立ての演出も人気です。

教育・研修・業務マニュアル動画制作について
ブログ 2021.06.17

教育・研修・業務マニュアル動画制作について

実際に研修を何度も行うには時間的にもコスト的にも大きな負担は避けられません。そんな負担をマニュアル動画の導入で軽減します。

3DCGモデリング・3DCGアニメーション制作について
ブログ 2021.06.08

3DCGモデリング・3DCGアニメーション制作について

実際に撮影出来ない機械内部の構造や動きや建築前のマンション等のイメージを、リアルに再現することが出来る、それが3DCGです。3DCGなら360度、どの角度からの視点でもアニメーションをつけ、思いのままの表現をそのまま形にすることが出来ます。